2015/04/27

春爛漫 Frühling voller Blüten ist

いい感じに春っぽくなってきた。週末は天気悪かったけど。
土日はラーメンを打ったので、後できちんとまとめて記事をアップするけど、今回は通勤風景をパラパラと。

職場の玄関先に日本で見たことない種類のアリの行列を発見。
アリは見てて飽きない
湖畔の一軒家というとてもお金持ちっぽい家の軒先には藤棚があってもう少しで満開な感じ。ここまで育てるの大変だったろうにって思ったけど、このくらいお金持ちなら庭師を雇えばいいのか。富豪思考にはなれない庶民。

個人所有の藤棚は憧れ
夜7時前はこんな感じの明るさ。帰るのに少し罪悪感があるくらい明るい。でもこっちは8時30分に出勤してるんだぞ!

抜けるような青空とクラゲのような月
電車が何本も脇を通り過ぎる。あれはS8だ、REってどこから来るのだっけ?とか考えながら、30分の道のりを歩く。散歩している人には挨拶して、犬の散歩の人には犬をガン見してへんな顔をされながら。

到着して、自宅の郵便受けをチェックして、4階まで階段を上る。

家の前の「猫の丘」やたらと猫が遊んでる
息を切らせて汗ばみながらただいまと帰るのが、今の時期の帰路。

途中、やたらとたんぽぽの綿毛が舞っている場面に遭遇したので動画にしてみた。電車が通り過ぎた後の風で、大量の綿毛が飛散する。やたらとたんぽぽを見るけど、こんだけ飛んでれば納得の繁殖力。


朝は朝でまた違った感じなんだけど、それはまた今度。

2015/04/25

ラーメンの麺を打った

パスタを茹でるときにベーキングパウダー入れて偽物ラーメンを作るくらい、スイスでもラーメンが食べたいのです。
ということで、こっちにある材料などで作成。

卵、水、ベーキングパウダーをまぜまぜします。

ボールが反射して撮影者が映り込む
粉はこんな感じ。右から、強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー。たしか。

全部妻が手に入れてきた

混ぜます。

粉以外を混ぜ合わせて

粉を入れたボールに粉以外の液体を注ぐ

固まってきたけどまだボロボロ

重労働

そこそこ形になってきたところで、床に置いて足でこねる。新聞紙とラップで保護しつつ、踏み踏み。かなり固くなってきた。

グルテンが本気を出してきた
適当に寝かせた後、今度は伸ばす作業。本当はワインの瓶でやろうかと思ったけど、直前にすべて捨ててしまったので今回はビールの瓶で。
小さくて伸ばしずらい。

伸ばしても伸ばしても縮む

ここまで来るともう完成は近い
打ち粉(片栗粉)がないので小麦粉を代わりに使ってやったけど、くっついてダメだった。片栗粉は必須。もしくはもうちょっと水を減らすべき。

切れないように丁寧に重ねる
適当に重ねた後は包丁で切る。実は、ラーメンのめんって包丁で切るって知らずに妻と話がかみ合わなかった。俺の知っているラーメンは漫画の中華一番か何かでやってた、手で伸ばしていくやつだった。

不揃いの麺たち

縮らすとそれっぽい
妻がスープ担当で、スープを作っている間にささっと麺をゆでる。で、完成。

今見ても生唾もの
切りたてのラーメンは妙に角張ってて変な感じだったのと、結構ぷつぷつ切れてた。ベーキングパウダーはもうちょっと入れたほうが個人的には好きです。

次回はもっとうまく作りたいなと思いました。

2015/04/23

散歩

日曜日天気がよかったので散歩してきた。

よく行くAu半島じゃなくて反対の丘の方を攻めてみたんだけど、アパートの脇の坂道を登っていくと、いいところで買われている猫がこっちを見た途端に駆け寄ってきた。

ねこまっしぐら(人に)
猫の尻尾が変な形になってるのは、アゲインストな風を受けているからです。

こっちはそんなに人懐っこくない(けど逃げもしない)
ぐんぐんずいずい登っていくと、家の前のバス停から三つ行ったところにある、上の方の集落に到着した。こういう位置関係だったのかと納得。

集落を抜けると、丘、丘、牧草地、林。超スイスっぽい。

お空きれい

絵みたい
いつも乗るバス停はMeilibachというところなんだけど、bachが「小川」っていう意味で、実際にそばに小川が流れてる。

コントラストが高いけどいじってないです
あとは、どこを撮っても絵になるのでテキストは控えます。
ホームドラマのオープニングが始まりそう
映画だとこの木の周りで宴会が始まる
チューリッヒ湖がかすかに見える

チューリップもきれいに咲いてる

Auの街中からAu半島(中央)

こんな感じの経路

こちらからは以上です。

2015/04/17

初めてのAmazon.de

この間に行ったサンクトガレンの帰りの電車の中に傘を忘れてしまい、5,6年愛用していたKnirpsの傘を紛失してしまった。さすがに長年使ってるだけあってガタがきてて、そろそろ買い替えどきかなって思っていた矢先だったけど、結構ショックだった。

これで家に傘が一つしかなくなり非常に不便なので、初めてAmazon.deで通販をした。Chromeの翻訳が便利。日本語に翻訳するとちょっと笑ってしまうので英語に翻訳して。注文したのが8日。届いたのが17日。ほぼ10日。時間がかかるね。他にもAmazon.fr、Amazon.ukも使えるらしい。


専用の袋二入ってるところ
まとめるための紐が太くてほとんど帯なのも嬉しい 
この黒いボタンで開いて閉じる

ボタン一つで棒が伸びてこの形になる。この形が強風にいいらしい

ボタン一つでここまでたたむ
こういう、自分で興味を持てる傘を買わないとすぐなくす。この傘も向こう5年は使いたい。

あとはドライバがない生活が不便極まりないのでドライバセットを購入。精密ドライバ大好きっ子なので、まずは小さいものを。

この黒い部分をそのまま折りたたむとコンパクトになってポケットに入るくらいになる

トルクスも充実といかプラスマイナスよりも多い
肝心の家具などを組み立てるためのドライバを買い忘れたんだけど、そこらへんは店で買う。あとは、ラジオペンチ、ニッパー、ワイヤストリッパー、半田ごて、パイプレンチくらいがあれば完璧。ここら辺はあとで引越し後に揃えるとしよう。

あ、あと、妻はブリタとヨガマットを買ってた。

2015/04/06

Ostermontag

朝起きたらすごい天気が良かった。これはお出かけ日和なんじゃないか。そう思って妻を起こそうとするけど妻は起きない。

CGっぽい
仕方ないのでゲームをやってると妻が起きてきた。

「どっか行こう!」
いいよ、じゃあ家の裏手の丘の上とかどう?
「えー」
じゃあ決めていいよ。近場で。

ということで、急遽日帰り旅行決定。最初はピラトスとか山に登るのもいいかなって思ってたんだけど、ライブカメラを見たら雲だらけ。あーこれはダメだ。場所は妻に一任し、言われたことを調べるマンに徹する。
結局は、ラインの滝キーブルク城へ行くことに。
チケットの手配などを全部妻に託す。なんか少し疲れていたっぽい。
バスでHorgenまで出て、そこからZürich HBへ向かう。HBで別の電車に乗り換え、Schaffhausenへ向かう。

新しいrievllaは後味がすっきり

電車で揺られること1時間。Schaffhausenに到着。ここからさらにバスで10分程度移動。看板を頼りに歩くと、いきなり滝。

見まごうことがないくらい滝
てくてくと下に降りて行って船着き場に到着。チケットを買い、滝の真ん中にある岩まで渡れる船に乗り込む。滝の一部始終を動画にしたのでごらんください。なんでサムネイルでないんだろう。


写真も撮った。

急な階段の感じが伝わるかな

滝の中にいる感がはんぱない
鉄道の橋もかっこよかった
滝を満喫したあとは、キーブルク城目指して移動。Winterthur経由でEffretikonへ。途中お腹が空いたのでWinterthurでお昼ご飯を食べる。Sushi Thai Restraint という感じのアジアンチックな店に入って、妻はキリンビールとカレー、俺はご飯の炒め物とシンハービールをいただいた。量が半端なかった。
昼食後移動。Effretikonでバスの時間までしばらくあったので駅前の喫茶店に入る。ここも地元の人たちだらけでなんか落ち着く感じ。英語通じなくて焦ったけど、コーヒーの注文くらいはできた。コーヒー美味しいです。

コーヒーも飲み終わり、バスで移動してお城へ。
「あと30分しかないけど大丈夫?」「OK!」って感じでチケットを購入。早足で城内をめぐる。

お城の入り口
中世の城感

牢屋で妻をとったらCDのジャケットみたいになった

甲冑に夫婦で大興奮

単純にでかい火縄銃
アイアンメイデンも置いてあった
こじんまりとしていていい感じの協会
お城外観
滝もお城もなかなかよかった。滝はまた暑くなってからもう一度行きたい。城はもうちょっと時間をかけてゆっくりと見て回りたい。あと周りの街並みも可愛い感じだったのでそこも見て回りたい。

4連休中3回も外出して、さすがに疲れたのか夜に少し蕁麻疹らしいのが出てきた。幸い広がらなかったけど、もう少し疲れない体が欲しい。早く人間になりたい。

Easter, Dritter Tag

イースター3日目。この日はのんびり近場を散策しよう、強いて言えば桜が見たい。ということで、桜並木があるというZürichのEngeへ。

先週あたりから急に寒くなってきて(最低気温がマイナスとか)、桜の季節じゃない気がするけれど、それでも桜は健気に咲いてました。まだ満開ではないけれど、今週にはきっと満開になることでしょう。その頃また行きたいけど、Engeまで移動するのは億劫なのでHorgenの駅の近くにも桜が数本植えてあったのでそっちを見に行こうかな。

5分咲きといったところ
桜並木をすぎて、湖畔の公園をぶらぶらと歩く。お弁当を持参していて、本当は桜を見ながら食べたいと思っていたんだけど、桜並木は食べる場所ではない感じだったので公園で食べることに。でも、寒い。日が出ると暖かいんだけど、太陽が雲に隠れると風の強さも相まって急激に体感気温が下がっていく。

雲の様子と日のあたり具合を見ながら昼食場所を物色しつつ観光。

チューリッヒ湖を望む with Wife
 チューリッヒ湖には白鳥がいっぱいいて、しかもかなり人に慣れていて近づいても逃げない。というか餌をくれると思って近づいてくる。なんだこのしたたかさは。
でも、動物を見てるのは楽しい。時間を忘れる。お腹が空いたことも忘れてしばらく白鳥を二人で眺めてた。

羽のメンテナンスに余念がない
動画も撮った。最近動画が楽しい。


めぼしいところを見つけて腰を下ろす。足を湖側に投げ出す形になって気持ちが良い。よし、ここで妻お手製「おにぎらず」を食べよう!と、座った途端に寄ってくる白鳥。一羽本当にしつこくて、靴を突っついてくるほど。みんな餌あげすぎだよ。うちの近所の白鳥は自分で果敢に餌を取ろうと必死に首を湖面に突っ込んでる。そいつらを見習え、と言いたい。

「くれるんだろ?はやくしろよ!」
あまりあげないタイプの日本人なので、無視しておにぎらずを食べる。そうしていると遠くで餌をばらまいてる人がいてみんな一目散にそちらに移動した。やっと静かにご飯が食べられる。

昼食も食べお腹もふくれたところで、湖畔からZürich HBまでぶらぶらと歩く。

Lindenhof hill からの眺め
店がほとんど閉まっているのは好都合。ウィンドウショッピングが大の苦手で、妻と街中を歩くと大体喧嘩になる。喧嘩にはならなくても体調が悪くなってくる。それくらい苦手。
クローズドウィンドウショッピングをしながら駅に到着。駅の店は全部空いてた。ナンテコッタ。仕方ないので二三店買い物に付き合う。あまり興味がない店は外で待たせてもらう。H&Mの広告の女の人のファンになるくらい広告ばかり見てた。

駅舎かっこいい
買い物も終わり、コーヒーが飲みたくなったので駅の中のコーヒーショップへ。ふかふかのソファーでエスプレッソをいただく。ソファー大好き。

かっこいい感じの写真を撮った
コーヒー後に駅ナカのCoopに寄って食材を購入し帰宅へ。Horgenでバスの乗り換え時間が30分近くあったので、Horgenを散策。

急に晴れてきたのがにくい
昼の図々しい白鳥を思い出す
明日で4連休も終わり。火曜日に向けて英気を養いたいところ。