2015/05/18

フィレンツェとエンニオモリコーネのコンサート

お電車でおアルプス山脈を越えておイタリアまで旅行してきました。
おフィレンツェでございます。

5/14の昼過ぎ位に出発し、夜の8時くらいに到着するゆっくりした旅。旅行に行くとかなり疲れる質なのだけど、いろいろ電車で移動に時間かかってもゆっくり移動したほうがあまり疲れないとわかったので。

夕飯時間にフィレンツェに到着。Firenze Campo Marte駅が最寄りのB&Bにチェックイン。荷物を置いてすぐさまオーナーおすすめのレストランへ。
なんかやたらと紫の服を着た人が道にあふれていたのだけれど、この日はフィレンツェの地元サッカーチームの試合があったらしく、宿もスタジアムの近くだったので歓声やらなんやらが聞こえる。すげえ。本場だ。

と、喧騒をしり目に夕食を頂く。いい気候だったので外で。

スパークリングでスタート

夜外でワイン撮るときれい
新婚旅行の時に覚えた雀の涙ほどのイタリア語もほとんど忘れてしまったので、メニュー見ても何が何だかだったので適当に頼んだ。どうにでもなれ。イタリア料理全部おいしいし。

名前忘れたけどビビるくらいおいしかった

生ハムと揚げパンみたいなの大量

白ピザ!

なんかのパスタ
到着直後に二人でボトル一本開けたのでいい感じに酔っ払った。サッカーの試合も終わりそうで人手ごった返す前にそそくさとレストランを後に。ホテルに戻りすぐ寝る。

次の日。妻は目的のアウトレットへ。夫は買い物行きたくないのでフィレンツェ観光へ。朝ごはんは泊まった宿の共有スペースで食べるよ。

大きい窓で気持ちがいい
オーナーのお祖父さん?が画家だったらしくいたるところに絵が飾ってある
食べた後は、フィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅に一緒に移動。ここから別行動をとる。10年前に来たことある街なので、結構地図が頭に入ってて迷わずに一直線でサンタマリアデルフィオーレ大聖堂へ。


でかいのでビビる
久しぶりに見たドゥオーモは圧巻。
以前来た時に道端でへんなカチカチ音がなるおもちゃとか、誰が買うんだっていうのばかり売ってたんだけど、今はセルフィー棒ばかり売ってて、しかもそれを結構みんな買っていた。みんな自撮りするんだね。

10年前と変わった場所や変わってない場所を見ながら街中を練り歩く。10年前は正月明けくらいだったのであまり人がいなかったけど、今回はキリスト教圏の祝日とつながる週末なので人がいっぱい。

ポンテベッキオ
雨も若干降ってるので、雨宿りとかしつつ観光。シニョリーア広場の屋根のある場所で石像の隣に座ってボーッと小一時間佇んでたりしてた。雨すげえ降ってるし。

夕方になり疲れてきたので宿に戻り妻を待つ。

待ってる間に一杯
歩き疲れたので一眠り。すると妻が帰ってきたので夕食へ。
モダンな感じのレストランに入り、妙に食べたくなったハンバーガーを食べた。

肉厚で最高に近いハンバーガーだった
二人でまたワイン一本開けて宿に戻りすぐ就寝。超早寝。子供か。

次の日はメインイベントであるエンニオリモコーネのコンサートが夜に控えているので、昼間は街を観光。

人でごった返す前に早めに中心地へ。前はドゥオーモに登ったので、今回はジオットの鐘楼に登る。
ドラクエの世界
こういうところに登ると、エレベーターの偉大さなどを痛感する。途中で膝が笑うどころか笑いすぎて息ができなくなってた。それくらい辛かった。
登って開けたところに出てもまだ上がある。まだ上がある。まだ上がある。永遠に続いたらどうしようかと思ったりもした。疲れて思考が変になってた。
上を見て軽く絶望する
頑張って登ったのでなんとか頂上へ。超気持ちいい。少し暑いけど

ドゥオーモに登った人が見える

フィレンツェの街全景なんだけどちょっと上すぎた
降りるのもまた一苦労だったけど、降り切ったら長蛇の列だったので早めに来て良かったと思いました。

大聖堂の中も一応見学。
ちょっとスケールがわからないけどすごい大きい
適当に街ぶらした後はお昼ご飯の時間。妻はスパークリングワインを、夫はビール。場所は中央市場。
以前来た時はもうちょっと汚くて「市場」って感じだったんだけど、今はなんか観光地化されてきれいになってた。実家の方にある「八食センター」が同じように観光地化されてくさくなくなったの思い出して少ししんみりした。
あの、地面がずっと濡れてて魚の匂いが充満してるのが良かったのに。
昼間のビールは美味しいよね
昨日から無性に肉が食べたい&一番最初に見たのが肉屋だったので、肉を食べるよ。フィレンツェといえば牛肉です。

パンが大きく見えるけど肉もかなりでかいしそれが二枚もあるので極楽浄土っぽい
その後、お土産を買ったりしてコンサートの時間までぶらぶら。
時間になったので一度宿に戻りコンサート会場へ。会場は歩いて行ける距離なので楽チン。開場まで時間があるので適当に食べようと近くのバーへ。食べ物?って聞かれて配送ですって言ったら、なんかワインも出てきた。なんかこの時間、アルコールを頼むと食事が付いてくるシステムがあって、ワインの代金で食べ物は食べ放題みたいらしい。名前は忘れた。
素晴らしいけど、そんなに食べられないので一皿でお腹いっぱい。

暑いので泡がいい
お腹いっぱいで満足し、いざコンサート開場へ。
開演の時間なのに人が集まらない。あ、そうだったここはイタリアだった。
開演まじかなのに人がいない
コンサートは良かったです。また行きたいです。
みんな写真やら動画やらとっててすごいなって思いました。歌ってる人もいました。
僕も帰り道に歌いながら帰りました。

次の日は昼近くにフィレンツェを出発し深夜にチューリッヒへ。そこからタクシー使って家まで帰りました。電車がなくなってて焦った。

2015/05/11

もううちのサーバはhtc-324じゃないですよGenius GS-L1102ですよ

なんかやたらとHTC-324の検索でここに来る人が多いので。
現在は、Genius GS-L1102ってのを使っています。
可動部がまったくない状態なので、電源入れても音がしない。

スイスでも健気に働くLinux Server
外付けHDDに日本のテレビを撮りためています。

2015/05/10

コンスタンツとアッペンツェル

妻はユーロ圏で買い物がしたい。ということで一番近いユーロ圏、コンスタンツへ電車でぶらり日帰りの旅。

ところがどっこい、この日は日曜日。どこもお店やってない。
茫然自失な妻をなだめつつ、湖畔のビアガーデンでビール飲もう。そうしよう。

おじいちゃんのバンドの生演奏

いい天気

ボーデン湖
ビールを飲みながら次どうしようか相談。とりあえず街を観光しつつ、電車でアッペンツェルへ向かうことに決定。コンスタンツを街ぶら。

噴水なんだけど

みんな吐いてる

妻曰く「二次会のあと」
ぐるっと一通り観光したあとは、電車を乗り継いでアッペンツェルへ。カップワインなどを買って車内でいただく。カップワインは日本のワンカップみたいな感じで、そんなにおいしくはなかった。

のどかな風景が広がる

「世界の車窓から」みたいな
ザンクトガレンから小さい電車に乗り換えて、アッペンツェルへ到着。小さい町だけど観光客がいっぱいだった。
町の家の壁がやたらとカラフルなのが特徴で、見てて飽きない。

塗るの大変だったろうに
ここで少し遅い昼食。ハンバーガーを食べたんだけど、妻が大絶賛だった。

とりあえずワインを頼みつつ食事をとことん迷う妻
お腹も膨れて、買い物などを。
アッペンツェルのチーズが有名なので、それを購入。町の小さい商店に入ったんだけど、入った瞬間チーズの匂いが充満してる。いい匂い。

チーズの山
チーズの他に、この地方のリキュールAppenzeller Aplenbitterを購入。小瓶2本だけ買ったんだけど、後日あっという間に飲んでしまった。

こんなのばかりが建ってる

見てて飽きない
こんな感じの駆け足な日帰り旅行だったけど、実際はそんなに駆け足に感じなくて結構のんびりできた気がする。電車がゆったりだったからかな。

2015/05/01

ミュンヘン行ってきた

妻とミュンヘンに行ってきた。電車の旅。
週末を使い、一泊の小旅行だけど、国境を超える。オーバーザボーダー。


この列車で国境を越えてきた

ミュンヘンについたら雨。なんか旅行するたびに雨が降ってる気がするよ。平日仕事しているときは大体晴れているのに。

適当に市内観光などをします。

教会ってすごいでかいよね

マリアン広場はあいにくの雨

なんか、雨で目的の一つだった「広場でビール飲みまくり」ができなかったので、オクトーバーフェスタの会場にあった移動遊園地に向かう。ここでもビール飲めるだろう。

生きてるメリーゴーランド
民族衣装を着た若い男女が練り歩いてて、見てて飽きない。楽しい。
本当は絶叫マシンとか乗りたかったんだけど、妻がそういうの無理なので、間をとって観覧車に乗る。

なかなかのスピードで回る観覧車
動画も撮ってきたけど、一体何周するのかわからなくて焦る。このまま回り続けてバターになってしまうんじゃないかと思った。

で、ドイツといえばヴルストとビール!ですよねー。

皿が小さく見えるけど、ジョッキがでかいだけです
ドイツ人みんな体格いいのは、このでかいジョッキで鍛えているからではないのかと。

この後、夕飯はホテルの人が進めてくれたイタリアンで食べた。超おいしかった。ドイツで食べるイタリア料理。


次の日は、ドイツの科学は世界一なのでドイツ博物館へ。

"LIBRARY OF THE DEUTSCHES MUSEUM"

はい、メッサーシュミット109、ドン!

生きててよかった

近くに住んで毎日通いたい
メッサーシュミット Me262! ドン!!

ジェットエンジン最高にかっこいい
メッサーシュミット Me 163 「コメート」!!

かわいい

ライカ A ほしい
写真はかなり趣味に走ってるけど、ほかにも石油の採掘方法、精製方法とか、鉄、織物、家屋のたてから、船舶、宇宙開発とか、もう地下から宇宙までの技術を一か所に集めましたって感じのところで、たぶん3日連続で行っても飽きないと思う。

妻は途中で疲れてた。


ミュンヘンといえば、ホーフブロイハウス!ということで、ビアホールでビールを飲む。観光客だらけでかなり注文がしずらいししてもどこかでロストする。信頼性の低い通信方法なので何度かトライしてやっとビールにありつく。

妻はかなりイライラしてた

中はこんな感じ
てなわけで、二日間でミュンヘンの旅は終わり。帰りの電車でビールを飲みながらスイスへ帰る。

ビール飲んでばかりいる