2015/07/28

通勤風景

猛暑がやっと終わったスイスからこんにちは。先週は33度まで上がりました。家にも職場にもクーラーはありません。あたまが朦朧としてきます。

さて、新しいオフィスに自分たちのアパートもゲットして新しい通勤路ができました。歩いて10分かからないくらいの距離だけど、見どころが満載で毎日飽きないです。

今回は帰り道の写真をいろいろ撮ってきたので発表したいと思います。
会社のある通りは新しい大きい建物がたくさん立っています。昔は何もなかった(社長曰く)ところに道が出来て、新しいオフィスや工場などが立ち並ぶ一角にオフィスがあります。

この坂を下っていく
ちょっと坂道を下ると目の前にチューリッヒ湖が広がります。

写真に写ってる街灯が夜中つかないので深夜帰ると暗闇の中携帯の明かりを頼りに帰ることになる

上のほうに目を向けると、大体農家、酪農家などの家があります。そのあとは森が広がってる。森の向こうに高速道路とかが通っています。

あそこの家にはどの道を通れば辿り着けるのかわからない
 牧草地が広がっている部分があり、たまにヤギなどが放されててカランコロンとベルの音がするときがあります。牧歌的とはまさにこのこと。
バスタブを使った水飲み場も猛暑ですっからかん
結構車が通る道から脇に入ると、完全に農場の中の道になります。田舎育ちの自分にとってはとても懐かしい感じの道。
柵には電気が通ってて触るとビリビリする

新鮮な卵食べたい
馬とかが入ってる
途中に完全に農場の前を通るんだけど、毎日何かしらやってて見てて楽しい。馬とかも飼ってる。朝通るとやたらと牛に鳴かれる。番犬ならぬ番牛。

見ずらいけどホルスタインがいる
 あとは下り坂をずーっと歩いていくだけ。つまり出社時は上り坂。朝から暑いので会社に着く頃には汗だくになる。道の脇に小川が流れてて、最終的にはチューリッヒ湖に辿りついてる。

車はたまに通る

線路の下をくぐるトンネルに変な落書きがある
トンネルをくぐるとヤギを放牧している。立ち止まるとわらわらと寄ってくるので楽しい。けど、今回はあまり寄ってきてくれなかった。カメラ向けたらそっぽ向くし。

急斜面でも安心
ずっと下って行くと、家のある通りに突き当たる。つまり、会社に行くのに道的には3回曲がるだけ。アップダウンが激しいけど、お昼家に帰ってきて食べれるくらいの近さなので最高です。

冬場ここ通れるのかな
急な下り坂を降りると、アインジードーラ通りという通りに出て、そこからはもう家は目と鼻の先。近くて最高。

バスが通るしたまに右手にローストチキンの店がくる
写真は全部明るいけど、これは夕方6時の写真です。別に早退してきたわけじゃなく、ちゃんと真っ当に仕事したあとです。

毎日仕事してると家と職場の往復だけになりがちなんだけど、人よりもヤギとかとあうほうが多い。

2015/07/21

そういえば日本帰ってたんだった

あまり忙しいと記憶が飛びがちになるので思い出せるうちに。

7/1 日本着。成田から直接ホームタウン小岩に移動しサンサールで妻と夕飯
7/2 国際運転免許証の手続きと免許の更新のため江東区の免許センターへ
7/3 仕事後夜そばを食べる
7/4 妻の実家の伊豆へ
7/5 昼ごろ起きてだらだらするなど
7/6 東京に戻り駅で盛大に転ぶ
7/7 昔の同僚と飲む
7/8 今の同僚と飲む
7/9 仕事後青森へ移動
7/10 甥の参観日に参加。姉と同級生と朝方まで飲む
7/11 地元の友達と飲む
7/12 東京の友達と飲む
7/13 仕事後スイスへ出発

飲んでばかりだったので、後半だいぶ疲れた。あと、転んだあとの後遺症がなかなか治らず、今も右肘が痛い。

Boat, and Sailing

日曜日、社長のボートに乗せてもらい、チューリッヒ湖をクルージングしてきました。

息子にボートの運転を教える父親の図
そして、しばらくすすんでチューリッヒ湖の南の端の下をくぐると、そこには元同僚のステファンが!湖の上で待ち合わせとか、なんかすごい。

セイリングなので傾く
子供達はウェイクボードをやりたいということなので社長のモーターボードへ移動。俺と妻はセイリング体験。
いろいろ教わったけど、なかなか難しくて大変だった。けどかなり楽しかった。 体重移動や、ロープのさばき方などを学んだ。

日差しが強いので腕が日に焼けて真っ赤になった
セイリングで移動しながら、社長のボートを探す。ボートがたくさん浮いているのでなかなか見つけられない。視界が開けてるのに。

炎天下の中ロープを引っ張る俺



そうこうしていたら、モーターボート発見+ウェイクボード中でカッコいい写真が撮れた。

今度やってみたい
このあと、帆をたたんでみんなで船の上でビールを飲んだ。飲んでる最中に雲行きが怪しくなったので急いで撤収。

こんな感じの移動距離で左のほうはセイリングで移動してるのでターンをいっぱいしてる
かなりクタクタになってたけど、夫婦共々貴重な体験ができました。
次は絶対に水着を持っていく。

2015/07/18

10th Wedding Anniversary

7月17日で、結婚10周年を迎えた。長いようですごい長い10年でした。
もう気分的には20年たっている気がする。

仕事終わったあと、予約していた湖畔のレストランでディナーを食べました。おいしかったです。社長に相談してよかった。

最近かなり暑くて、体感気温38度とか予報が出てて、もしかしてここはスイスではないのではないか、などと思ってしまうほど頭が朦朧としてくる。クーラーがあるところが少ないし。

そういうこともあって、外で食べるのがちょっと心配だったんだけど、その日は若干天気が崩れながら気温もあまり上がらずにきもちいい気候で外で食べるのにもってこいだった。

プロセッコで乾杯

牛肉のカルパッチョ

子牛!
これとは別に白ワインをボトルでいただいた。


締めのグラッパ
10年は、本人たちからしたらたいしたことないけど、甥っ子たちの成長を考えたら、10年ってすごいんだなって思いました。

帰りは、若者がなんか騒いでる湖畔をふたりで歩いて家まで帰りました。

2015/07/16

アルパカ復活!

みんなが大好きな、俺の心の拠り所のアルパカ(参考動画 その1 その2)の足が、移動中に折れてしまって自分の心もポッキリいってた。
あんまり考えないようにしてたんだけど、今日、ようやくアルパカが復活した。日本から持ってきたアロンアルファが大活躍。朝にくっつけて夕方見たら完璧に治ってた。直すときに指にアロンアルファがついてなんか懐かしい気持ちになった。でも、今のアロンアルファは昔より剥がしやすかった。それとも大人になって力が強くなったのか。どちらにしろ少ししみじみした。

あまりに嬉しかったので夕飯までにバルコニーで写真撮影などをしてた。
正直体調も良くないんだけど、これはなんか頑張れた。

バルコニーの床で寝転がって写真を撮ってたら妻から怪訝な目を向けられたりもした。でも気にしない。

「権利には義務が伴う。わかるか?」

「そこで諦めるつもりか?」
「また母校に行ってたの?知ってる後輩も卒業したのに?」

キャプションは適当です。

私生活としては、妻と一緒にスイスに来て、アパートで二人で暮らしてます。妻の手続きも順調に進んでます。あと、仕事が忙しいです。