2015/08/16

近所を散歩

昨日(土曜日)は風邪をひいて丸一日寝てました。
スイスの風邪はなんか胃にくる。胃が痛くて、最初はお腹壊したかな昨日(金曜日)飲みすぎたからなーとか思ってたけど、どんどんどんどん体調が悪くなり、本当は夕方にスイスに出張に来ている同僚の人と食事にでもと思ってたけどそれも無理な感じ。久しぶりに熱が出た。食事会は妻が参加し女子会になりました。楽しそうだったけどベッドから出られなくなるほどの体調。不覚。

で、今日は朝から体調はいい。体がちゃんと動く。昨日ほとんど1日寝てたのでもう寝てるのも飽きた。
朝から家の照明を取り付けたりなどをしてて、ちゃんと体も頭も動くことを確認。よし!外に出るぞ!ということで昼過ぎに妻と散歩。

山の上の方に登って牧場の間の道を歩く。

リハビリにはちょうどいい
子供連れの家族、老夫婦、ジョギングする若者などが思い思いに通る。その中に日本人二人がカメラ持って歩いてる。
この散歩は、近くにあるレストランの下見を兼ねていて、そこを通るようなルートを考えていた。地図を見ながら歩いていると、目の前にちょっと病み上がりには辛い階段が待ち構えていた。
病み上がりにはきつい
登りきったあと、胃がまた痛くなってきた。風邪がまたぶり返してきた。まいった。体もだるいし、あせもかなり出てきた。
失敗したなーっと思いながらレストランを下見。いい感じなので絶対に一度食べに来ようと思いました。

レストランからの眺め 
ここからの帰りは別の道があるみたいなので、そっちを選択。高速道路の脇の歩道を歩く。

妻は健康なのでどんどんと登っていく
雨上がりの気持ちいい林の中を歩いていると、少しずつ風邪も良くなっていくのがわかる。

ヒーリング効果がある
森を抜けると、もう家の真上の方まできてた。
真下に見える牧場の間の道を降りて家に向かう。早く家についてベッドに寝たい。
建設ラッシュでクレーンがいっぱいニョキニョキ生えてる
今日はこっちに来てたかお前らは、ってくらい毎日見ている牛たちもいた。
ヤギも馬もいて、とても和む。今度来るときは完全に体調がいいときに。

牛乳のパッケージになってもいいとおもう
妻はヤギが好きなので「ほら!ヤギだよヤギ!」って伝えたら「ヤギが好きなのはあんたじゃない?」って言ってからのこれです。

道無き道を突き進みヤギの撮影を試みる妻
ヤギが好きなのは妻です。確信。

子馬と母馬もいた。子馬は最初離れたところにいたのだけど、急に母馬のところに走ってきてびっくりした。一匹盛大にこけて後ろからきた馬に踏まれてたけど怪我してなかった。泥の上を全速力で走ったりするから。

その大きさでまだ乳を飲むのか

牛通ります注意
なんとなく決めた散歩ルートだったけど、景色も負荷も調どいい感じで、病み上がりじゃないときにまた散歩しよう。

こんなルート
標高差140m。足がムキムキになるね。

0 件のコメント: