2016/08/22

Alberobello と Matera #1

南イタリアで夏休みを過ごしたい!

新婚旅行はイタリアでした。ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ミラノというローマから北上するコースを一週間ほどかけて駆け抜けました。10年前。
その時に、個人的にはアルベロベッロに超行きたかった。ただ、当時は移動の困難さを理由に行くのを見送ったのでした。それを今回叶えるため、南イタリアに絞った旅行を決行。仕事も忙しかったので極力休まないようにした。(体調不良で休みまくったせい)

休暇の成果が腕に

0日目

移動のみ
会社を出てすぐに飛行機でローマまで。ローマ(というか、フィウミチーノ空港)で一泊して、早朝にローマから南イタリアのバーリまで行く予定なので、本当に寝るだけ。
ホテルについてすぐ夕食食べようと目の前のピッツェリアに入ったらまさかの「ノーピザ」。ピザ食べたかった…。
他のものはちゃんと会ったので夕食にはありつくことができました。

さっきまで仕事してたのに今イタリアでビール飲んでるという状況が不思議だった。

1日目

朝超早く起きた。というかほとんど眠れなかった。寝具が変わると眠れなくなる私です。
ローマ-バーリ-アルベロベッロ
前日にフロントに6時にシャトルバスを出してもらうように頼んであったので、起きてすぐバスに乗り込み空港へ。空港で朝食を食べてすぐに飛行機に乗った。飛行機ってほんと速い。そしてその速さでも日本まで10時間以上かかるから地球でっかい。
そんなこんなでバーリに到着。まだ午前9時くらい。
空港から市街地まで距離があり、そこはバスで移動。電車もあったけど、こういう時は安全策をとる。乗り間違えしたら最悪だし。

バーリ市内は…ちょっと怖い感じ。昼間だからまだいいけど。いたるところに落書きがある。世紀末一歩手間って感じの場所が何箇所かあった。

中央駅について、アルベロベッロまでの電車を調べる。1時間ほど時間ができたので早めの昼食を食べた。カウンターに並んでる食べ物を指差して、これください、っていうスタイルのお店で、ピザもあったけど、頼んだのはきのこの炒めとズッキーニとチーズのオーブン焼き。これがめちゃくちゃ美味しかった。イタリアはおいしい。おいしいはイタリア。これは一つの真実。
写真写り悪いけどめちゃくちゃ美味しかった
昼食も食べ、電車にも無事乗り込み、目指すはアルベロベッロ。電車でだいたい90分。窓の外の景色がまったくスイスと違うので見てて飽きなかった。

オリーブの木が大量にあるけど枯れてるのもあって心配になる
アルベロベッロの駅に到着しそこから歩いてアルベロベッロの中心地へ。
日差しが強くて痛いくらいなのだけど、段々と雲行きが怪しくなってくる。傘なんて持ってきてない。早めに宿にチェックインしよう。自然に早歩きになるよね、こんな雲見たら。

あー絶対にあのなかにラピュタ浮いてるわーっていう風情
幸い雨がふる前に宿のカウンターに到着。実際に泊まる場所はアルベロベッロ特有の建物トゥルッリ。白い壁と石で作った塔のような屋根。そこの一件をまるまる貸し切り。最高。

この中に泊まる部屋(といか建物)がある
 綺麗なお姉さんに案内されて泊まる建物まで移動し、一通り説明を受ける。鴨居(この場合はあってるかどうかわからないけど)がすごい低い。余裕で頭をぶつける。しかも全部石なのでぶつけた時の衝撃が半端なさそう。というか半端無かった。痛すぎて死ぬかと思った。

到着した安堵感、移動の疲労感、そしてなにより外は大雨。なので部屋でぼーっとすることにした。Pokemon Goで何匹かポケモンを捕まえたあと、雨が上がったので街に繰り出す。
雨上がりですごい涼しい。超気持ちいい。

夕焼けがきれい
夕飯はホテルの人におすすめされたレストラン。19:30スタートと書いてあったのに全くオープンする気配がなかった。ここはイタリア。
オープンと同時に店の中に入ったら「まだ準備出来てないから!この紙に名前書いて!予約しておくから!」外の席を希望して名前を書いて1時間時間を潰す。
モンスターボールもなくなった頃、やっと指定の時間になったのでレストランへ。「山田」っていうんだけど、どうもヨーロッパの人は聞き取りにくいらしい。なんども間違えられる。あとドイツ語だと「Y」の発音が「J」になるので「Jamada」と書かれる。「Jamada Juja」になる。スペインもそうだったかな。ヨーロッパ山田あるある。

食べ物は、前菜の盛り合わせが名物らしいので頼んだ。
結果、前菜の洪水がやってきた。

これだけかと思っていた…

まだ、まだ大丈夫

申し訳ございませんでした
2つ頼まなくてよかった…日本人であれば、二人で一つ頼んだらもうお腹いっぱいになる。「前菜とは…」という心持ちになる。そんな料理でした。

もちろんワインを瓶で頼む
夕食後、一度部屋に戻り一休み。そして今年から夜のお祭りAlberobello Light Festivalをやっているらしい。部屋の近くの交差点に巨大な木の玉があってなんだろうなって思ってたら、夜にこれが光ってた。他にもいろんなのが光ってて、楽しかった。

熱そう

OCRの機械使ってた
説明できない
街全体が明るくて、おみやげ屋さんなども夜なのにオープンしてた。夜は涼しくてとても気持ちがいい。明るいので治安の心配もなく、人も大勢いる。賑やかでとてもよい。
この猫を10分くらいなでた
妻の足が限界で歩けなくなったので、見学もそこそこに宿へ退散。レストランで開けた2本目のワインの残りを飲みながらすぐ寝た。寝不足+肉体疲労+アルコール。寝るなというほうがどうかしてる。

明日は1日アルベロベッロです。

0 件のコメント: