2015/08/29

トリコは飼い主の元に帰って行きました。

金曜日。
首輪に手紙が…。 内容は、


  • ここに電話してください。 


ドイツ語わからないので、前に獣医に彼女を連れてったおじさんのところに行って事情を説明して、電話してもらった。

電話によると、


  • 飼ってるよ。
  • 急に来なくなって寂しいよ。
  • もし彼女が来たら電話してね。
  • 餌はあげないでね。


ってことだった。
獣医にまで連れて行ったおじさんもずっと電話していた。こっちもすごい心配してたはずだから、とりあえず飼い主の所在がわかって双方安心。

でも、飼おうと思ってた猫を手放すのは辛く、妻はしばらくなきながらワインを飲んでた。

土曜日。
マーク一家が遊びに来る予定なので朝からいろんな準備などをする。
買い出しにも行って、帰りに花束を持って飼い主の家に謝りにいった。英語があまりできあにおじさんだったので双方意思の疎通に苦労したけど、終始平和的に話が進んだ。とりあえず、電話はちょっと無理な時があるからメールでやり取りをしたい旨を伝えた。

マーク家が遊びにきたその時に急にトリコが遊びにきた。
やたらと毛並みが良くなってた。

しばらく遊んだ後また外に出て行ったんだけど、マーク家が帰る頃にまた遊びに来た。

餌が欲しそうだったけど、あげずに撫でたりしてたらすっと家を出て行った。
たぶんこれが一番いい形になったんだと思う。

「餌をくれないなら用はない!」的な態度
でも、いつ来ても可愛い。
連れてどっか遠くに行きたくなる。

0 件のコメント: